主にスマホゲーの活動日記。筆者はECOを忘れない。
あ、タイトルはただのつりね。
だってヒットしたらRCできないもん。

でも、相打ちになったら追撃できそうだけどね。
技の威力低いけど、一応初段補正100の乗算補正92だから、
その後のダメは一応伸びるかな。
中央だったら追撃できそうにないけど。

こんなタイトルにしたのも、
今日久しぶりに花ちゃんとのアラクネとやったときに、
ふと思いついたネタだったんだよね。
焔って上に結構判定あるし。

んで、アラクネが高空でふよふよ浮いてるところに、
JB読みでぶっぱしてみた。
そしたら、あたるはずのない高度で相打ちしてびっくり。
思わず追撃をミスってしまった・・・。
その後何度もためそうとしたが、
コマミスの嵐で気づいたら死んでたww

今日は新茶へ行ってました。
ねづかのハザマとやりたかったけど、
バイトだったため今日はできなかった。
ねづかのバングにはボッコにされてたけどww

久しぶりにカルルとテイガー使いの子と対戦した。
どうも受験期らしく、あまり触れないとのこと。
高校生は今の時期大変そうだなぁ。
受験終わったら、そのときは改めてガチ勝負したいね。

バングは厨房のように暴れてるほうが、
ツバキはきついような気がする。
ぶっちゃけ明確な暴れ潰しが無い。
5B→6Cの連携も、間に7Fほどあるんだよね。
実は直ガしてなくても小パンとかで簡単に割れる。
だから連携中に小パン擦ってくるバングとかまじで嫌い。

接近したら一応5B→5Aっていう暴れ潰し連携があるけど、
小パン当てちゃうと、ゲージ使っても安いんだよなぁ。
大抵6CC繋がらなくなるし。
だから、どっかこっかで補正切りを狙うしかないんだよね。

補正切りのネタはいろいろ考えは浮かぶけど、
まだ実戦でなかなか投入ができない状態。
状況限定とかがあるからね。
この辺は野試合をこなして、相手に感想を聞くしかないな。

明日は藤江で大会があるけど、バイトのせいで行けないっちゃ。
土曜の宇ノ気の大会には行こうとは思ってる。
次の大会では、ネタをちゃんと実戦投入していきたい。
カケオのときは、A剣からのめくり2Aネタしかやってないからなぁ。
そのネタも別に色んなキャラができることだから、
ツバキのネタとしては薄いんだよね。

というわけで、宇ノ気大会に向けて練習がんばるとしますか。
では。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックしていただけるとうれしいです。

 人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン 

スポンサーリンク


FC2blog テーマ:格闘ゲーム - ジャンル:ゲーム

【2010/05/20 22:38】 | ブレイブルー(家庭用)
トラックバック(0) |


むら
焔って壁に貼り付けて球(?)とばす攻撃ですよね? それを相打ち・・・? どんな感じなのでしょうか?蹴

近々気晴らしにCTやるつもりなのでまた機会があったらよろしくお願いしますね><b

>むらさん
ましろ
そうそう、壁にビターンってなるやつです。
お互いの相打ちの状況としては、
まずこちら側は、相手の食らった技でいろいろ変わります。
相手側は壁に問答無用で叩きつけられ、
本来飛び道具があたるはずのフレームまでのけぞってる感じです。
なので、向こうが大した技を振ってなければ、
復帰が早い分、追撃できるのではないかと。
まぁ・・・妄想の域を出ないんですけどねww

いつでもCTの対戦は歓迎ですよ~。
あんましいい動きはできないかもしれませんが、
それでよければ、いつでも誘ってください。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
焔って壁に貼り付けて球(?)とばす攻撃ですよね? それを相打ち・・・? どんな感じなのでしょうか?蹴

近々気晴らしにCTやるつもりなのでまた機会があったらよろしくお願いしますね><b
2010/05/21(Fri) 23:51 | URL  | むら #pa4o4T/.[ 編集]
>むらさん
そうそう、壁にビターンってなるやつです。
お互いの相打ちの状況としては、
まずこちら側は、相手の食らった技でいろいろ変わります。
相手側は壁に問答無用で叩きつけられ、
本来飛び道具があたるはずのフレームまでのけぞってる感じです。
なので、向こうが大した技を振ってなければ、
復帰が早い分、追撃できるのではないかと。
まぁ・・・妄想の域を出ないんですけどねww

いつでもCTの対戦は歓迎ですよ~。
あんましいい動きはできないかもしれませんが、
それでよければ、いつでも誘ってください。
2010/05/22(Sat) 07:11 | URL  | ましろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック