主にスマホゲーの活動日記。筆者はECOを忘れない。
昨日の夜、トランジスタをたくさんリンメンからもらったので、久しぶりにロボを強化してみた。

基本的には強化外装のままで動かしているロボだけど、パラメータ強化する際は通常に戻さなきゃいけない。

で、通常にいったん戻してもう一回強化外装にチェンジ。

そこで改めて気づいた。

強化ロボの補正値やばくね?

ECOその38の1

これが通常時のロボのステータス。

一応補足説明らしいものを画像内に書き込みました。

左がもともとのロボの基礎ステータス、右が転生での上昇値と強化回路を使ったときの上昇値を合計したものになります。

あんまり自分のロボは強化されていないのでこの程度ですが・・・。

で、次が強化外装のステータス。

ECOその38の2

右の補正値やばくね!?

オレこんなに強化した覚えはないんだけど・・・と思って少し考えてみました。

結論としては、まず強化外装自体に独立したステータスがあるということです。

元々のロボのステータスが変化するわけではないということです。

で、強化外装の補正値に関してですが、これは元のロボのステータスと元のロボの補正値が合計されたものなんですね。

つまり最終的に強化外装のステータスは、強化外装の基礎ステ+元のロボの基礎ステ+転生・強化での補正となる。


まぁ何が言いたいかって言うと、強化外装にするだけで相当強くなるってこと。

これに気づいたせいで、ペット型かロボ型かのスタイルをもう一度考え直す必要がでてきた。



・ロボ型 

騎乗ペットだから、単純にプレイヤーの性能が上がる。

レールガン・ラピッジカノンなどの必中技が使えるから、ボス相手でも戦いやすい。

さらにリミットイクシードによる強化が大きい。

攻撃面もそうだけど、防御が大きく上がることで大抵の攻撃ではまず死なない。

内部支援が無くても全然いける。

弱点はやはりリミットイクシードの能力低下が大きい。

狩りに行くときはWPの多い狩場を選ぶか、もしくはテントを用意する必要がある。

あと強化の方法が限られていることも欠点か。

フレイムハート、エフィカス、竜眼開放といった強力な補助がロボには乗らない。

ソロで狩りをするにはいいが、パーティではいささか不便か。


・ペット支援型

サテライトで敵を囲み、相手の防御を下げて、プレイヤーがペットとともに狩るスタイル。

サテライト・プレイヤー・ペットの3重攻撃になるからこちらも火力面では申し分ない。

特にガトリング砲装備時は殲滅力が跳ね上がる。

プレイヤー自体もフレイムハートやエフィカスといった支援を受けれるため、火力強化もできる。

また、自分が他の人に憑依したときに、同様のことができるのも魅力。

マエストロはPTでは憑依支援に回ることが多いので、PTでのボス戦等に役立つ。

欠点としては、敵が多いときの戦闘が難しいこと。

プレイヤー自体は所詮BPなので、逆に支援無しだともろいし火力もない。

おまけにペットのHPやMP・SPも気にする必要があるから、意外と忙しい。

どちらかというとPT向けなのかもしれない。


とまぁ、自分なりの考察を簡単に書いてみたけど、一長一短やね。

難しいのが、スキルポイントの関係上、スタイルを変えるのが結構難しいこと。

両立出来なくもないけど、どちらも中途半端になりそう。

まぁ、デュアルジョブの件もあるからまた考えないとな。

では。


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。

エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ

スポンサーリンク


【2012/12/14 15:54】 | エミル・クロニクル・オンライン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック